Archives : 2010年7月

Pêches de l'amour★




今日は山梨の桃が送られて来ました、うれしい、、、、!ありがとう、、、、、★いつも食べる桃は熟したものが多いけど、山梨では若い桃を好む人が多いらしいです。初めて食べるかたい桃。一瞬の芳香だけでなく、噛むほどに甘さがでてやばく美味しい。。


春に行った桃源郷。ピンク一色の桃の花★ピンクの思い出です。春に花をみて、夏には実を食べる、時間て凄いですね。人の優しさと自然の恵みに感謝します。

THE CONTENPORARY FIX

表参道にあるTHE CONTENPORARY FIXへ。今日はShopのリニュアル初日でした、おめでとうございます★ オーダー頂きましたFoxの一点ものを納品も兼ねて。吉井さんはLoveless時代からお世話になっておりまして、アーティスティックなオーダーをなさる方だなと感心しておりました。初めてのオーダーは2004年の剥製がついた帽子でした、時が過ぎるのは早いですね。。。。


バイヤーの岡さん★素敵な内装。下はcafeになっています。↓


ちゃっかりジェラートを頂きました。白桃とニューヨークチーズケーキ★プラムも最高に美味しかったです。まるで果実をかじったかの様なフレッシュな味。。。↓


季節によってお勧めが変わるそうです★


オーナーの吉井さん★↓


実物は是非店頭にてご覧下さいね★皆さんFoxを喜んでくださり、私も嬉しい、、、、(涙)! 表参道におこしの際には是非お立ち寄り下さいね★

dans le paradis..

























Tout ce qu'on fait dans la vie,meme l'amour on le fait dans le train express qui roule vers la mort.

TOKYO★

Nicola Formichetti来日★↓


楽しいと夜が早く終わってしまいます、、、。


東京の夜景も好き。


shunくんと★↓


Nicola♥


最近は皆忙しいのでなかなか会えないですが、やはり一緒にいるとほっとしますね。今では良いお友達ですが、NicolaもShunくんも初めて会ったのはブランドを通して。多忙な中、若手の作品を見に行ったり、仕事に対しての彼等の姿勢には毎回頭が下がります。


私の元アシスタントのJoji KOJIMAのアクセサリー。↑ベロアにてexpo中です。最近は若手の才能あるデザイナーが増えてきて嬉しいです。そして、そんな彼等が私のブランドを好きだと言ってくれると、今まで頑張ってきた甲斐があったと心から思います。。。。勇気をもらった一日。

先週は、、★

週末に久しぶりのあんみつや。 KAHIMIちゃんとまゆみちゃんと★やはり落ち着く面子です、、、。KAHIMIちゃんとかずくんのお子様ニキちゃんも一緒に★ かわいくて目が♥↓


恒例のお食事会は上原にあるフレンチのビストロへ。かなりお勧めです、ル・キャバレー。


温野菜のサラダ。↑盛り付けも美しい。


デザート各種。↑モカパルフェとレモンタルトとフォンドン オ ショコラ。 こうして、ずっと仲良く出来る友達がいるという事にしみじみ感謝した一日でした。。。KAHIMIちゃんが今度コスメラインをプロデュースするという事なので、また改めて紹介しますね★楽しみにしていて下さい。

MAN RAY

三連休最終日は国立新美術館で開催中のMAN RAY展へ。 凄い数の写真が飾られていました、彼が撮ったアーティスト達のポートレートは勿論、MAN RAYの画家としての顔、時代を感じる素晴らしい作品群をみる事ができます。


でも、個人的には、妻のJulietteとMAN RAYとの愛の深さに涙が出てきました。アーティストはエゴが強いものですが、偉大なアーティストをみるときには、プライベートもパブリックも打ち破る位の愛が詰まった作品がある事に気がつかされます。 当たり前で大切な事を気が付いた一日。


Together again-また再び一緒に-とは、MAN RAYに先経たれたJulietteが亡くなった時に墓石に遺した言葉。 そんな風に思えるパートナーに巡り会えて、生涯を共に出来るのは幸せな事ですね。

今日のDinner。

今日のDinner。


昔に聞いたのですが、山口小夜子さんはSergeLUTENSとの撮影の前日には薔薇しか口にしなかったそう。きっと世界観を大切にしていたんですね。私は薔薇のマカロンが大好きなんですが、今日は生の薔薇を食してみます。。YOSHiKOのジュエリーと共に★

Glenn Herbert Gould

グレン・グールドのGoldberg Variationを聴きました。バッハの曲。


グレン・グールドは1932年生まれ、1982年没。彼の奇抜な演奏スタイル(鼻歌がないと弾けない、など)や、父上が作った小さな椅子に座り込み猫背でピアノを弾く行為、演奏会において燕尾服を着ずに、着古したセーターで臨む。。。。素晴らしいパフォーマンスを披露するのには形ではなく、心が重要なのだと知っているのですね。彼の言葉に、「芸術の目的は、瞬間的なアドレナリンの解放ではなく、むしろ、驚嘆と静寂の精神状態を生涯かけて構築することにある」とあります。 '55年と'81年に録音されたGoldbergVaritationはまるで違うものの様。確かに、人生そのもの。。。ピアノと人が繋がっていて、自分が陽だまりの中にいるような気持ちになります。 勧めてくれたのはバリに住む友人です。遠く離れたところにいる友達と同じ気持ちになれるなんて最高ですね、音楽って素晴らしい。。。。 梶谷好孝



一緒に仕事できるスタッフを探しています。 ファッション、ジュエリーが好きな方。 体力に自信のある方。 履歴書を下記の住所までお送り下さい。こちらから追ってご連絡致します。 尚、頂いた履歴書は返却致しませんのでご了承ください。 YOSHiKO CREATiON宛 東京都港区麻布台1-1-11,サンマンション102


お待ちしております。。。

7月7日の夜に、、

私、天の川ってみた事ないんです。


いつか見てみたいですね。 ツイッターで既に出してしまいましたが、今年は短冊を作りました★↓


願い事は、、、。↓


皆様も良い七夕を、、、、! 梶谷好孝

七夕★

今日は7月7日七夕ですね。 朝から雨。。 トノボシ↓


7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができないらしい。


チイヒメ↑ ちいとトノもなかなか会えず。 って会ってもVSだけど、、、。

About my room..

今日は私の寝室にある剥製について。


この剥製はアンテロープという動物です。羊科です。 パリに住んでいる時にたまたま蚤の市で見つけ、衝動買いしたもの。 この優しい目に釘付けでした、、。 調べたところ、高山動物であるらしい。 あまりにでかいので、友人宅で何年か預かってもらっていたものが手元に戻ってきた訳です。 剥製というと、怖いイメージがありましたが、そんな先入観を吹っ飛ばしてしまうきっかけとなったのはパリの自然史博物館へ行ってから。 学術的にきちんと保管され、美しく陳列された動物達に出会った時には鳥肌が経つ思いでした。 その時に、人間としての矛盾や愛や無情さを感じ、それらを象徴するコレクションをつくれないか、と考えたのです。 毎晩、このアンテロープが見ている遠いどこかの高山を想い眠りにつきます。。 出会った剥製は全て思い出が沢山あります、命があったもの、形だけではないと思うからこそ大切にしていきたいと思います。

crossing 2010

今日は久しぶりに森美術館へ。 若手の日本人アーティストが大結集していました。 何人かは好きなアーティストもでていて、これからが益々楽しみだと思いました。 個人的には7月10日〜の恐竜展が楽しみですが、、。 見終わった後は初めて展望台へ。晴れていたら富士山も見えそう。


たまに高い所に行って視点を変えると、自分の小ささに気が付いて、私達は小さく細かく光っている命なのだと思い知る。 まぶしくてすごい顔。↓



胃は感情を支配する。

最近よく自炊をします。 実は料理って嫌いじゃないんです。 でも、新作前や忙しい時には殆ど作りません。どうしてこうも食欲にニュートラルになれないんだろう、と考えた所、理由がわかった。 デザインに集中していると頭をよく使うので、物を食べて胃に血が行かない様に、無意識にそんな身体になっているんですね、、、。そんな時は食べても味がしなかったりする。人間て不思議です。 また、一日でも食事を抜く辛さは断食を経験の方は、あのイライラ感、、ご存知かと思われます。 胃は確かに感情を支配するようです。 食べた成分も感情を支配するのでしょうか。 自分で作るご飯はあまり肉を使わないので、外食で肉を食べる様にしています。


そして疲れている時には、逆に肉は取らない、何故なら消化するのにも大変だから。 サラダ蕎麦、胡桃ソースと。↓


夏に向けて、最近は冷製スープをよく作ります。 ジャガイモならヴィシソワーズ、パンプキンスープ、コーンスープ、ガスパッチョなど。 料理を作る時はリラックスしているので、楽しい事を思い付いたりし易い気がします。 食べたいものを食べたい時に食べれる幸せ、、、。 たまには食べ物のblogもいいかもですね。 今日は何を食べようか。