Archives : 2012年11月

_40.JPG _41.JPGDIC川村記念美術館へ。

ロスコルーム、とても素敵でした。ずっと絵を眺めていると、暗黒の中にも迸る赤に意識が染まってゆく感覚。

美術館を出た後に庭園を散歩すると紅葉が綺麗でした。
人が創り出すものの美しさと、自然の創り出すものの美しさに感動した一日でした。
_48.JPG _44.JPG _43.JPG

アシスタント募集★

2012年12月から半年以上働ける方。
年齢制限や職歴は問いません。
情熱がある方。
責任感がある方。
一緒にヨシコクリ―ションで仕事出来るのを楽しみにしております。
応募お待ちしております☆
梶谷好孝
【応募方法】
履歴書(写真貼付)、職務経歴書を下記住所までお送り下さい。
書類選考後、一次選考通過者の方のみ面接のご連絡をさせて頂きます。
尚、応募書類は返却致しませんので、ご了承下さい。
東京都港区麻布台1-1-11,サンマンション102
ヨシコクリエーション株式会社
梶谷好孝宛

先日無事に2013SSの展示会が終了致しました。
 
来て下さったお客様、友人、関係者の方々この場を借りてありがとうございました☆
 
今季のテーマは「比喩の洞窟」。2500年前にあったプラトンの「国家」という思想から。
 
簡単に説明させて頂くと、ここで言う洞窟とは人の精神への比喩です。
幼い時から洞窟の地下で育った人達は外の世界を知ろうという事をしない。
入口から射し込む光に目を向ける事も出来ず、その光に映し出された影こそが実体だと信じる。。
 
人は生まれながらにして規定概念に縛られ自分で自分の檻を作り自ら囚われ人となり自ら考える自由を放棄しています。
物欲という幸せや知識という名のプライド、物やお金が人間を豊かに、幸せにしてくれると信じ、その外側にある世界が存在する事を忘れてしまいます。
 
そんな事を比喩(アレゴリー)として考えて行くと、今の日本、更には日本の教育、全てにおいて当てはまるのではないかと感じました。
 
真実は自身の心の中に内包されて美しいものです。それをまた信じる姿も美しいと感じます。
洞窟の中は暗くて鋭利でも、光が差し込めば一気に美しい結晶の世界に包まれるのです。
 
勿論デザイン自体は影をどれだけ美しいものにするか、影をどんな風に見せるかという客観であり実存でもあると言えます。だからこそ面白い。
まず初め、このブレスレットを発想しデザインを展開していきました。


鍵付きスタッズ.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 スタッズ装着後.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像  
 
プラトンの「国家」では理想の国家が描かれています。
 
それをただの理想論だと唱える人もいますが、理想と希望はとても似ていて、私はどんな事があろうともそれだけは捨てたくないと思う今日この頃です。

 

6.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 来てくれたPhenomenonの大澄くん★

 

4.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 同じくPhenomenonのPressの愛美ちゃん★

 

3.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像 Pred PRの大川ちゃん★

 

7.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像BrogarViderの菊谷くん★


2.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像菊谷君の第二子のまとちゃんと★

 

2013ss展示会.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像そして、今季、初めて製作させて頂いたJOHNLAWRENCESULLIVANのアクセサリー。

デザイナーの柳川荒士くんのアイデア、パイライトという鉱物をモチーフに展開してみました。

身につけるとモダンな雰囲気で私も気に入ってます。

YOSHiKOのShopでもお取り扱いさせて頂きますので楽しみにしていて下さいね☆

 

5.JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像そして、友人MAYUが作るRUBYPAPER I s sue3も店頭に並び始めました。今回はテーマが

グラフィック。うちのコサージュも紹介されています。是非ご覧ください!

このアーカイブについて

このページには、2012年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年10月です。

次のアーカイブは2012年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ